2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

特撮監督矢島信男を語るスレ

1 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 17:09:45 ID:ssduDmmw
60年代〜90年代までの多くの特撮作品を手掛けた巨匠
矢島信男監督について語りましょう

2 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 17:38:57 ID:V5KJU3sg
●関連作品1●
スパイキャッチャーJ3
海底大戦争
悪魔くん
キャプテン・ウルトラ
仮面の忍者赤影
ジャイアント・ロボ
妖術武芸帳
宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)
ミラーマン
怪傑ライオン丸
人造人間キカイダー
キカイダー01
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンレオ
秘密戦隊ゴレンジャー
アクマイザー3
宇宙鉄人キョーダイン
ザ・カゲスター
忍者キャプター
超人ビビューン
大鉄人17
ジャッカー電撃隊
スパイダーマン
宇宙からのメッセージ




3 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 17:53:04 ID:uqNkE+2d
●関連作品2●
バトルフィーバーJ
地獄(東映版)
夜叉が池
真田幸村の某略
8人ライダー対銀河王
電子戦隊デンジマン
仮面ライダースーパー1
太陽戦隊サンバルカン
大戦隊ゴーグルファイブ
宇宙刑事ギャバン
科学戦隊ダイナマン
宇宙刑事シャリバン
星雲仮面マシンマン
超電子バイオマン
宇宙刑事シャイダー
兄弟拳バイクロッサー
電撃戦隊チェンジマン
巨獣特捜ジャスピオン
超新星フラッシュマン
時空戦士スピルバン
光戦隊マスクマン
超人機メタルダー

4 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 17:59:01 ID:tJS0aIGv
●関連作品●
仮面ライダーBLACK
超獣戦隊ライブマン
電脳警察サイバーコップ
仮面ライダーBLACKRX
これ以降は平成作品
書き漏らした作品あったら教えてください


5 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 18:52:45 ID:Xvj3lew/
80年代中ごろ
大泉で助監督をやっていた時代があって
おいらは戦隊や宇宙刑事の担当じゃなかったんだけど
その時、東映のいろんな馬鹿話うわさがネタになっていて
「ジャリ番の特撮やってる矢島って大御所の監督は
毎日撮影中は泥酔したままで、ろくに仕事してない」
とか言われてた覚えがある。

おいらは個人的には矢島特撮は『宇宙からのメッセージ』
の映画での特撮が好き。
メット一丁で宇宙に出ちゃう感覚は
深作感覚なのか、矢島感覚なのかw

6 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 19:03:25 ID:fzm2nWwS
プロフィールぐらい貼ってやれ。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E5%B3%B6%E4%BF%A1%E7%94%B7
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0365100.htm
ttp://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=113357

特撮研究所の特撮はチャチとよく批判されたものだが、いまや後継者は立派に育っている。矢
島さんについては、恐らくは潤沢ではない条件の中で最大限の仕事をする特撮職人という印象が濃い。
それと有名な話だけど、東映のヒーローものでもこの人は基本的には初期
話やライブフィルムしか撮らないらしいけどな。

7 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 19:07:14 ID:fzm2nWwS
>>5
特撮研究所は大泉の中にありますが、普段はどんな仕事をしていたのですか?
特殊効果の人は映画やTVの仕事がない時期はCMとかPR映画とかや
っている人が多いのでしょう? 東宝映像美術などは博覧会映像や各種展覧会の
イベント美術なども手掛けていますよね。
映画屋さんは何でも屋さんが多いですからね。

8 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 19:52:37 ID:Xvj3lew/
>>7
おいらは単発ドラマやサスペンス主流だったので
残念ながら特撮班の方の仕事は未見なんですわ。
ただ「撮影所の名物監督」として矢島氏は
半ば揶揄されつつも、愛されていた空気は流れていました。

矢島氏は特撮ファンからも揶揄の対象になりがちですが
同時期のウルトラの予算の半分もない状態で
東映特撮の灯を消さなかった功績は
もっと認められても良いなと思います。

9 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 19:55:23 ID:9b6KHAvs
東映作品のファンにとっては石ノ森章太郎氏と並ぶ「特撮の神様」であろう。

10 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 20:20:48 ID:ykGrDBky
>>4
(゚∀゚)ジャンボーグA

11 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 22:01:39 ID:BcP3hHUI
そーいや特撮監督のスレってどれくらいあるのかな?
円谷英二と中野のスレしか見たことないけど

12 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 22:35:21 ID:sd81T3YL
≫4
宇宙快速船
宇宙からのメッセージ・銀河大戦
里見八犬伝も

13 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/12(火) 19:42:06 ID:A5MS9i0v
『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』も矢島特撮

14 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/13(水) 20:56:54 ID:ktP0TShx
レオとかタロウの特撮は矢島監督のが一番テンポがあって格好よかったりする。平成ウルトラよりいいね。

15 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/13(水) 23:32:37 ID:S8aiGTKg
テレビ特撮で最も特撮をやってた人って
もしかしてこの人かな?


16 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/14(木) 00:02:37 ID:AjEXcvmo
タロウやレオを見ていて
東映臭を感じる特撮シーンがままあったが
後々チェックしてみると矢島監督だったな。

17 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/18(月) 17:22:50 ID:SQe/V+E4
あらためてバイオマンとかシャイダー見てると
ミニチュアセットとか合成シーンとかけっこう頑張ってるよね

18 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/18(月) 19:19:37 ID:y0AqiOFq
>>5
カールビンソンで、ヤックン(矢島信夫がモデル)がいつも酒飲んで居眠りが好きなのは、
この話を元にしてたのか

19 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/19(火) 03:57:25 ID:8bJC2w8y
矢島さんのミニチュア撮影は
野外のデイライトでの映像が多かったからか
子供心に、とてもリアルな印象を受けました。

20 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/19(火) 04:18:13 ID:hoBVCqyM
>>17
ただ、東映ものはどの程度、「特撮監督」が関わっているのか不明なことが多いのが・・・。
だから矢島さんも語りにくい。

21 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/23(土) 18:15:49 ID:sF6NgySp
今この人って何やってるんだろ

22 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/23(土) 18:37:35 ID:htC5hUtP
ミラーマンは?

23 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/23(土) 22:43:25 ID:ytB8JjtX
ガラスの上でロボットアクションをさせて、下から撮るテクニックを考案した人ですな

24 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/23(土) 22:45:33 ID:iXVG1t5Y
ちゃんとした後継者を育てたのは立派だね


25 :どこの誰かは知らないけれど :2006/12/25(月) 20:33:06 ID:x3ehuEhI
後年はルーチンワークで粗製濫造気味だったけど
いろんな意味で
昭和から平成への人材面で橋かけをした人だね。
ジャイアントロボ、ジャンボーグ、
レオやミラーマンあたりの
戦闘場面の絵作りはダイナミックだった。

26 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/25(月) 21:00:15 ID:W9/bdenm
彿田監督より少ない予算でがんばってたと思う。
なんだかんだいって、この人の撮る戦隊のロボ戦の重量感とか
格好よさとかは、彿田監督は超えられてないとも思う
最後まで潤沢な予算で作品を撮れなかったね (´・ω・`)

27 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/25(月) 23:01:02 ID:dHNjZ7LU
>>26
君テレビの矢島特撮しか観てないだろw

28 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 06:24:54 ID:p2aeBB/v
>>4
矢島特撮の追加と訂正
「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」(1961年)
「八月十五日の動乱」(1962年)
「パレンバン奇襲作戦」(1963年)
「河童の三平 妖怪大作戦」(1968年)
「コンドールマン」(1975年)
「5年3組魔法組」(1976年)
「快傑ズバット」(1977年)
「冒険ファミリー ここは惑星0番地」(1977年)
「仮面ライダー」(1979年)
「魔界転生」(1981年)
「上海バンスキング」(1984年)
……ちなみに矢島氏は、
赤影とサイバーコップには全く関わってない。
スーパー1の特撮も劇場版のみで、
TV版には未参加。
但し、
ノークレジットながら「仮面ライダーストロンガー」
の地底王国前後篇を撮っていたりもするので、
侮れない人物には違いないw  

29 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 06:52:04 ID:p2aeBB/v
>>2
「宇宙猿人ゴリ」では、
特撮研究所のスタッフが協力していたものの、
矢島氏が特撮監督として正式参加するのは
「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」から。  

30 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 08:55:34 ID:C8j19eBH
>>28への追加
「がんばれ!!ロボコン」(1974年)
「バッテンロボ丸」(1982年)
「ゲゲゲの鬼太郎」(1985年・月曜ドラマランド版)
他にも、
1985年頃には「宇宙からのメッセージ」
の特撮場面を流用していた「アストロンベルト」
なるアーケードゲームの後継機としてセガが開発した、
「スターブレイザーズ」の特撮場面も担当していましたね。
こっちはビデオ撮影だったので、出来はちょっとショボかったですが。

31 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 00:20:30 ID:sDorP4vI
メタル初期の特撮が素敵だったな

32 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 06:22:56 ID:L4yDVPKl
レオやタロウで、他の特撮監督よりあからさまに予算を少なくなせられてたね(´・ω・`)

33 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 08:33:03 ID:gw/9VoAC
昭和ガメラの湯浅監督曰く、
安く作るのが上手い人は、
「仕事増やしてあげるから、
次はさらに安くいってみよう〜予算は前回の半分ねw」とか
言われるそうだからね。

でもレオはダイナミックで矢島タッチが合っていたな。
こないだのメビウスでの再登場は
矢島テイストへのリスペクトといってもいいのでは?

34 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 10:59:47 ID:TppAFojc
>>26
戦隊のロボ戦はどこまで特撮研究所が撮っているのかよく分からないからねえ。

35 :どこの誰かは知らないけれど :2006/12/27(水) 11:29:15 ID:kGAVISkx
ヒーローモノはアングルやテンポで
あ、これは矢島さん?とかわかるけどね。
Aやゾーンでの川北氏も。

戦隊ロボはなんとも。
佐川さんが作業&現場でアイデア出した時は
ある程度わかるかもしれんが。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 12:17:55 ID:rBBX1q4/
>>34
双葉社の『東映スーパー戦隊大全』という本によれば、
『バトルフィーバーJ』の時点でJACの金田治が巨大ロボ戦を演出していたという、
興味深い証言が載っていましたな。
東映chのBFJを実際に観た上での感想ですが、
巨大戦の撮影は特撮研究所が全て担当していたものと思われます。
初期話数のみを矢島氏が演出し、
それ以降は金田氏が演出していたみたいで、
等身大戦と巨大戦の二元中継合成も
「俺がやった」と金田氏は明言していましたね。
考えてみれば、
巨大戦のスーツアクターもJACの人なんだし、
技斗師(アクション監督)が等身大戦と巨大戦の両方を演出していれば、
撮影も編集もスムーズに進行する利点はありますなw
ちなみに『巨獣特捜ジャスピオン』では、
アクション監督の金田治は本編班の演出に専念しており、
特撮班のアクション監督は竹田道弘が担当していたそうで、
ダイレオンの有名なワイヤーアクションも、
実際は竹田氏が演出していたようです。
『光戦隊マスクマン』以降の矢島氏が格闘場面に関わる事なく、
ミニチュア特撮しか演出しなくなったのも、
その辺に理由があるのかも知れません。

37 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 15:03:15 ID:gRnwriKc
つか“実質、ゴッドマンレベルの仕事”に特撮監督は必要ない

38 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 16:32:59 ID:vU2go3pe
ジャスピオンは、どうして最後まで特撮監督しなかったんだろう?

39 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 18:15:07 ID:vfn+9gFY
>>38
『宇宙からのメッセージ』が、
アカデミー賞の視覚効果部門にノミネートされて以来、
1980年代の矢島氏には国内外から映画の仕事が殺到するようになって、
TVシリーズを全て撮る事はスケジュール的にも不可能になってしまったのが、
理由の一つ。
『巨獣特捜ジャスピオン』は本編班だけでも莫大な制作費
(第1〜2話の八丈島ロケは1億円との噂)が投じられており、
実際に本編班では、
20トン級?のクレーン車を使ったワイヤーアクション
(これってレンタル料が凄いのよ)や様々な合成場面の多用に加えて、
フィルムの消費量も半端ではなかった事から、
折田至Pが予算を管理していた特撮班に、
金銭的な制約が生じてしまったのが、
もう一つの理由。
それでも特撮研究所からは、
尾上克郎(操演)や佛田洋(美術)といった当時の若手スタッフが、
撮影所に派遣されて可能な限りの特撮場面を撮っていたようですね。  

40 :2-4:2006/12/27(水) 19:14:54 ID:IrF1lgSS
遅くなったけど
≫10−13、28−30
補足ありがとうございます

41 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/27(水) 21:28:38 ID:TppAFojc
>>36
東映のヒーローものは、なぜか一部の話とバンクしか撮らない矢島さんたちを「特撮監督」
としてずっと表記するんですよね。どこまで特撮研究所の人が特撮カットを撮っているかがよく分からない。
余談ですが、撮影のいのくまさんや松村さんは本当に全話を撮影しているんですかね。
スケジュール的に不可能なように思うのですが・・・。

>>39
>1980年代の矢島氏には国内外から映画の仕事が殺到するようになって

他の特殊効果マンもそうですが、矢島さんは余り名前の出ない仕事が多いのか、そこで具
体的に何をやっていたかがほとんど分からないんですよね。
韓国ドラマの「壬申倭乱」とかは矢島さんだったそうですが。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/28(木) 03:48:32 ID:bdBd0sZj
>>41
特撮監督 矢島信男
と明確にクレジットされるようになったのは、
TVシリーズだと「宇宙からのメッセージ銀河大戦」からで、
それ以前の「大鉄人17」などでは特撮研究所の表記こそあれ、
矢島氏の名前はノークレジット状態がずっと続いてたんで…
その反動なのでしょうか?
戦隊だと「サンバルカン」の頃までは、
アクション監督による巨大戦を特撮研究所がサポートしていた様にも思えますが、
「ゴーグルファイブ」の辺りからセットや照明が雑になっているので、
「スパイダーマン」の時と同様に本編班が巨大戦を撮るのはこの頃からだろうと推察しています。
いのくま氏や松村氏の件については、
助監督や計測(撮影助手)などの面々がいわゆるセカンドユニット的な役割にて、
不足分の撮影を行っていたと思われます。
例を挙げるならば、
「プレイガール」第1話の監督は鷹森立一となっていますが、
スケジュール上の都合から助監督の杉野清史が殆んどのカットを撮っていたのと、
似たようなパターンだと思いますよ。  

43 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/28(木) 13:35:09 ID:tWPJsSn/
うろ覚えですまんが、ジャイアントロボには、
矢島さんテロップされてなかったっけ?

44 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/28(木) 14:38:12 ID:iEnRmn0l
>>43
1960年代には、
特殊技術という名目で矢島信男の名がクレジットされていましたが、
キカイダーからスパイダーマンまでの東映TV作品には、
特撮研究所のスタッフ表記があるだけで、
矢島氏の名は一切クレジットされていません。


45 :38:2006/12/28(木) 20:54:56 ID:PN8tdKDp
>>39
トンクス
戦隊物とかのバンクしか仕事がないと思ってたけど、結構忙しかったんだね。
しごとがあって良かったよ  (ノд;)

それはそうと、彿田監督はライダーで合成の「できるできない」とか
仕事の発注先の振り分けとかしてるそうだけど、矢島監督はそういうこと
しなかったんだろうか?

46 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/29(金) 02:14:21 ID:8na58yDI
>>45
矢島監督の現役時代だと、
16mm合成専門のチャンネル16が設立されるまでは、
松竹から退職金代わり?に貰ったエリアル合成機や、
東映化学所有のオプチカルプリンターを使って、
特撮研究所のスタッフ(中村英輝など)に合成させていたみたいですね。

47 :46:2006/12/29(金) 08:01:56 ID:iiJ3yJcx
で、
1976年頃に東映特技課出身の山田孝が、
16mm合成専門のチャンネル16を設立し、
'78年頃に35mm合成が専門の
デンフィルム・エフェクトが参加するようになってからは、
ライブフィルム(使い回し)用の合成場面はデンに、
他の合成場面はチャンネル16に分けて発注する事で、
チャンネル16の人材育成も図っており、
ジャスピオンやチェンジマンの頃に鍛えられた新人スタッフが、
今では日本映像クリエイティブの代表取締役だったりするんですから、
矢島氏の人材育成力は大したモンですよ。
'80年代の矢島氏は国内だと角川映画
(「復活の日」の南極ロケハンにも参加する予定があったらしい…)や、
国外だと韓国や台湾などのアジア方面から映画の仕事を数多く引き受けており、
準備稿段階での撮影プランなどにこだわる事でも有名な矢島氏は、
それ故にTVシリーズとの両立は困難であったと思われます。
打ち合わせもなしに脚本を渡されて、
「これを映像化してくれ」という作り方を嫌う人でもあったようですし…  

48 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/30(土) 03:59:52 ID:RZ67jXGq
>>47
サンバルカンの頃には、
東映版「地震列島」みたいな震災映画の企画にも関わっていたが…
こっちは没になってしまいましたね。  

49 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/30(土) 23:40:23 ID:T15utC5K
人材育成となると円谷英二と負けず劣らず。
いや、特撮研究所を傾けてないから円谷より上?w

50 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/31(日) 17:24:17 ID:5W884st1
50

51 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/31(日) 23:37:13 ID:IoLjAANW
>>42
スポンサーから「1話は本編経験者で」とのお達しがあり
鷹森立一に監督依頼したが、鷹森はすでに本編の撮影に入っていたため
助監督の加島昭が大半を撮影した、らしい。

松竹の特撮カメラマン時代は「君の名は・第一部」「喜びも悲しみも幾歳月」を担当。
事実上のデビュー作はテレビ特撮「まぼろし探偵」のまぼろし号飛行シーンで
特殊美術はこの後も付き合うこととなる成田亨。
ほか、特撮を担当した作品に「あゝ予科練」、リメイク版「海軍」、「最後の特攻隊」
「ギャング忠臣蔵」、「暗黒街最大の決斗」
「サラリーマン一心太助」、「アマゾン無宿 心臓破りの野郎ども」
「海賊八幡船」、「旗本退屈男・謎の暗殺隊」
テレビ「プレイガール」「土曜ワイド劇場・0計画を阻止せよ」など。
名コンビの深作とは一般映画「ジャコ萬と鉄」、「カミカゼ野郎真昼の決闘」でも組む。

52 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/01(月) 01:10:22 ID:RhL988+i
>>51
「カミカゼ野郎 真昼の決斗」(66)はセスナが飛んでいる場面が少しあるだけ。

53 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/01(月) 22:17:53 ID:3cLn3Adm
>>52
他の特撮監督と同様に、東映特撮課時代は
そういう本編のフォローに徹した、フィルモグラフィに
載らない仕事をたくさんこなしているのです。

54 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/02(火) 09:33:36 ID:3vWs4tEc
東条は矢島監督のおかげで東映で仕事もらえたのに雑誌で
矢島監督の撮影の仕方を批判してたよね。恩知らずな奴だよな

55 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/02(火) 13:28:27 ID:/Tz5alIl
批判していた雑誌って何?

56 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/02(火) 17:51:36 ID:3vWs4tEc
ageだっけ?

57 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/03(水) 06:43:35 ID:0AD3F2L7
吉川P作品・大泉撮影所ではずいぶん活躍してるのに、平山P作品・生田スタジオだとまともに扱われてないな。
よっぽど平山に嫌われてたのか?
それとも生田が矢島を締め出す空気でもあったのか?

58 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/03(水) 14:20:30 ID:u1jDmfce
初期の生田じゃ矢島を呼ぶほどの予算が組めなかったんだよ。
ところで「ゴレンジャー」とか「アクマイザー」以降のエンディングクレジットを
見たことある?

59 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/05(金) 22:45:27 ID:XsuSp4rF
>>58
空き地にプレハブを二つだけのスタジオもどきだったからね。
"大鉄人17"で参加して特撮専用スタジオを増設し予算オーバー
したらしいね。GR以来の巨大ロボット物で確かに東映の特撮物
の中ではかなりお金をかけているね。

60 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/05(金) 23:07:34 ID:krzL8+rZ
矢島監督も彿田監督位予算もらえてれば、もっとて良い仕事できたのに(´・ω・`)

61 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/06(土) 15:16:04 ID:QgFm6mYJ
円谷では少ない予算で撮る便利屋としか扱われず、他の監督より
少ない予算でバンクを使ってがんばったのにレオ以降では仕事ももらえず
東映の戦隊とかも便利屋扱いで「去年はこれでできたから、来年は少なくても
いいよね」とか言われて、どんどん予算を減らされ続けた矢島監督不憫すぎ(´・ω・`)

62 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/06(土) 23:14:30 ID:IXh52ixH
でも名前は日本特撮界に永久に残るさ

63 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 00:29:02 ID:1+s4UT0/
>>61
レオ以降って、レオでさんざん演出しているじゃん。
日本語だいじょーぶでちゅか?

64 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 01:18:49 ID:JoGBrEQy
レオ以降は円谷が沈没状態だろ
一方、東映はメッセージ以降特撮作品を連発状態

どこが不憫なのかわからん

65 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 02:41:21 ID:/RJRLj6I
ところで矢島御大の現況は?
完全にリタイアされたのか、インタビューの類も皆無なんで
すでに健康を害されているのでは、と気にかかっています。

66 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 10:32:50 ID:/fb91uEy
>>64
元来円谷は零細中小企業。
東映は大企業。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 14:43:15 ID:qAtqXzrA
>>65
レオのDVDのインタビューにでてるよ

68 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 22:13:09 ID:1+s4UT0/
>>64
何も知らないんだな。
円谷は浮沈が激しいけれど、版権だけで充分食っていける時期がかなりあったんだよ

特撮作品を連発ったってテレビじゃ年に一度特撮バンク撮ってただけじゃん。



69 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/07(日) 23:27:25 ID:vkwxRxO2
>>68
というか円谷は版権商売だけの方が儲かるんでつ。
新作作れば大概赤字でつ。

70 :どこの誰かは知らないけれど:2007/01/08(月) 22:14:47 ID:UFmRTSfS
それは昔の話になりつつある。
もはや現役で製作される番組が無いと売上高はそんなに上がらなくなってきているからね。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)