2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

曽田博久の作品の思い出と批評

1 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 21:01:52 ID:lMwrsw0x
戦隊といえば、この方の脚本のイメージが強いです。

2 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 21:24:49 ID:ztLr69At
9年もの間、戦隊のメインライターを務めたのはすごいことだよな。

3 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 21:42:28 ID:vlCa/oGw
この人の書く敵はよくしゃべる。
説明もミニチュアやイラストでさらに丁寧に説明してくれる。

4 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/08(土) 22:18:56 ID:y9WDXfK6
ギャバンの前番組「ハロー!サンディベル」でもメインだったな。

5 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 00:54:27 ID:1MpkWqaI
宇宙大帝ゴッドシグマをプッシュ。
風見博士の裏切り編は特筆すべき出来。

6 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 01:21:04 ID:npJ0DSBb
バイオマン以降から冴え渡ってきたように思えます。

7 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/10(月) 09:50:15 ID:rk8+p2xm
>>6
ウラシマンの参戦とダイナマンの放送時間短縮のお陰で
ダイナマン以降の活躍があったと思うが、どうでしょう?

8 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 02:49:39 ID:F02atK5/
>>5
あの話を書いたのは、「超人バロム・1」や「イナズマン」の島田真之では?

9 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 08:13:50 ID:wZeqlmeE
この人の「うる星やつら」は原作をトレスしているだけで
独自のアレンジが余り加えられていない印象が強い。

10 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/11(火) 18:33:19 ID:hCNkDdlu
>>9
「原作通りに書いてくれ」という、プロデューサーの依頼に忠実だったのでは?
当時は「バイオマン」と掛け持ちしてたせいか、適当に書いてたみたいだけどw  

11 :どこの誰かは知らないけれど :2006/07/12(水) 13:24:02 ID:YFUK/zst
ゴーグルファイブとダイナマンは書くのはつらかったらしいが、バイオマンから
これは面白いと感じはじめたらしいね

12 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/23(日) 09:30:44 ID:RclhFGLR
ダイナマンは、野球をモチーフにしようとしていたそうですね。

13 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/27(月) 16:48:07 ID:yPLD5CZB
ボウケンジャーVSスーパー戦隊に曽田が来てくれないかな。
噂されている荒川だけでは力不足だと思う。
あと、武上と小林もボウケンVSスーパー戦隊に来て欲しい。
曽田……ファイブマン以前・カクレンジャー〜カーレンジャー
荒川……オーレンジャー除くジェットマン〜ギンガマン・ハリケンジャー以降
武上……タイムレンジャー除くメガレンジャー〜ガオレンジャー・デカレンジャー
小林……メガレンジャー〜タイムレンジャー・ボウケンジャー

14 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/02(土) 09:44:15 ID:DMKsfS0k
結局、ボウケンジャーVSスーパー戦隊の脚本は大和屋か……。
残念だな。

15 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/03(日) 10:43:10 ID:jQXfX7f3
そんなマンセーする人でもないと思うが。
うんこ作品の割合高いし空気キャラ多いし。

16 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/03(日) 19:47:50 ID:cumaREhV
曽田って東映以外ではそれゆけ!カッチンやぼくら野球探偵団を書いていたんだな。
それ故に余り語られる事がないのが残念だが。

17 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/03(日) 20:43:36 ID:fZ2ckPFq
>>14
大和屋さんでもいいだろ。
つか曽田さんって引退してない?

18 :_:2006/12/05(火) 09:26:58 ID:ahAVbCmH
この人の描く悪役は、「心の中にほんの少しだけ良心がある」というパターンが
多いね。それが、バイオ以降の戦隊シリーズの人気に繋がったのだろうね。

19 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/14(木) 14:31:21 ID:loTEqvTJ
13の訂正
武上……タイムレンジャー除くメガレンジャー〜ガオレンジャー・デカレンジャー
→武上……タイムレンジャー除くメガレンジャー〜ガオレンジャー・デカレンジャー・ボウケンジャー
所で、ジェットマンで荒川が入って来て、メガレンジャーで武上・小林が入って来たのは、
荒川はファイブマンで曽田が一旦離れたのと入れ替わる形、武上・小林はカーレンジャーで曽田が再度離れたの入れ替わる形なのかな。
しかし、曽田は吉川・鈴木は当然の事ながら、高寺からも絶大な信頼を得ていたにも関わらず、日笠・塚田からは殆どお呼びが掛からないのはどうしてだろう?

20 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/25(月) 21:23:39 ID:1Cz72513
19の訂正
再度離れたの→再度離れたのと

21 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 12:08:40 ID:1rBl54B7
ガッチャマンでもメインだったっけ?

22 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 12:17:53 ID:5fWPDas/
>>21
メインと言えるほど書いてない

23 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 12:35:09 ID:VSdbUS6l
この人、
学生時代は左翼運動に熱中したものの、
革命方針を巡る内ゲバ
(要するに、暴力団同士の抗争みたいな物)
に嫌気がさして、
脚本家のマツケンこと松浦健郎の弟子になったんだよね。
ちなみに曽田氏の脚本デビューは、
戦記アニメ『決断』の第18話「山本五十六の死」
(マツケンとの共作)というのも、極端過ぎる転向ではありますがw
『超獣戦隊ライブマン』では自身の学生時代を思い出しながら、
頭脳武装軍ボルトという組織の理想と崩壊を、
思い入れたっぷりに描いてたフシがありますよね。
シリーズの終盤では「俺達、妙な人生だったな…」と、
毒島嵐が尾村豪へと言い遺して、
頭脳獣相手に自爆した後に、
「ぼくの夢」と書かれた血染めの作文を登場させる件に到っては、
左翼運動に対する曽田氏の生々しい本音が伝わって来ます。
上原脚本を論じるには沖縄が欠かせないのと同じく、
曽田脚本もそういった視点で論じられてイイ頃じゃないの?

24 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/26(火) 20:09:02 ID:+o0IqUMM
ラブレターをポストから盗んで書き換える作戦も、内ゲバの比喩として語ってくれ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)