2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長坂秀佳の作品の思い出と批評

1 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 12:32:43 ID:4hhnX6Li
「人造人間キカイダー」「ウルトラマンA」「仮面ライダーX」「(TV版)日本沈没」「アクマイザー3」「快傑ズバット」……
斬新で多彩なアイディア、意表を突く展開で数々の傑作を生み出した長坂秀佳を語ろう!

2 :どこの誰かは知らないけれど :2006/02/06(月) 13:13:44 ID:Lk9GKMtB
最近脚本家単体スレ乱立し杉w

上正みたいに
いきなし最近の平成ライダーに復活して
空気読まないシナリオ連発キボン


3 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 13:51:41 ID:DtidImWS
特捜最前線で、NHKの山田太一シリーズに対抗して『長坂秀佳シリーズ』
というサブタイ付けさせたのが凄い。そんなに当時、世間的には知られてい
なかったのに・・まあ、今でも知られてないが。

4 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 13:59:41 ID:Lk9GKMtB
>>2
特捜放送当時、特オタの友人との間では
よく知られている人だったのだが、
シリーズ名にまで名前列記は
確かに「なぜだ!?」とか言ってたな。




5 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 18:23:28 ID:k/ZWagjg
この人の名前なんて読むの?

6 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/06(月) 19:56:01 ID:ZPKCSxCG
>>5

ながさかしゅうけい。

本名で
ながさかひでか。

7 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 01:31:00 ID:DLBe8IkP
角川のベストセラー作家だな、今や。
放送作家組合の理事でもあるが。

8 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 07:52:18 ID:jvln4jGt
キカイダー後半を大河ドラマ風にした功績大。

9 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 19:44:11 ID:jvln4jGt
ハカイダーを良くも(サブロー)悪くも(ハカイダー部隊)描いてくれた長坂氏に乾杯!

10 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 20:37:14 ID:x+xkBLq6
特捜の最後の方で、市川森一と2本ずつ書いて、どっちが上手いか視聴者
投票で決めるとか勝手にマスコミに宣言したのはいいが、市川が全く乗っ
てこなくて企画が頓挫。(市川は佐々木小次郎で、自分は武蔵と言っていた)
どうしてそんなに市川森一にライバル心を持っていたのかと疑問だったのだが、
そもそもセブンの時に円谷が市川と長坂のどちらかの新人を抜擢しようとした時に
東宝社員の長坂より、フリーの市川を取ったのを市川が大卒で、自分が中卒?だから
だと僻み、その後も大人番組に華麗に転進した華やかな市川に対して、出遅れた長坂は
嫉妬しっぱなしだったと何処かで読んで納得した。長坂秀佳シリーズも山田太一というより
市川に対する対抗心だったのだろう。
でも、当時、スポーツ新聞にこの対決の記事が出たときにはわくわくしていたんだけど。
ただ、市川は東映は子どもも大人番組もほとんど書いてないんだよね。

11 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 20:59:24 ID:fC+YnFuP
弟切草しか思い出ないな。
一家怪物編になると 笑えるが

12 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/07(火) 23:18:55 ID:30h3EwJh
>>10
市川さんって、デビューはブースカらしい。
セブン以前から円谷に関わってた。
当時のことは分からないけどセブン登板は既定路線じゃないの?
少なくとも「新人抜擢」には当たらないのでは?

13 :10:2006/02/08(水) 07:47:53 ID:5ODBOQ5s
>>12 ごめん。セブンじゃなくて円谷に二人の売り込みがあった。日テレから
構成作家見習いの市川と東宝から大道具?の長坂と。そこで企画室の金城と
上原が判断して、食いっぱぐれのない長坂より、フリーの市川を採用して上原
に預けてブースカを書かせたという話だった。何かに書いてあったよ。


14 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 10:03:46 ID:jlLAY4b9
ブースカは元々長坂の原作だという話があったな。
当時所属していた東宝テレビ部の長坂の上司が語ってたよ。

15 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/08(水) 21:25:18 ID:l5uF5Kjc
書いた話が面白いのは認めるけど、人間的に問題ある感じがする人。
特撮系の本でのインタビュー読んでても、なんか偉そうって言うか
虚栄心強そうに思える。

16 :名無しさん:2006/02/10(金) 20:51:25 ID:VcrkQ8sk
アイデアどころか自身の人間性まで反映されてる脚本に問題があるのでは?
ユーモラスな部分があればまだ好感持てるんだが。

17 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 20:57:58 ID:sWG8L1az
「奥さんテレホンセックスしましょ!」


この人、天才的なストーカーだったのでわ…

18 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 21:51:19 ID:qYvnDY29
ドロドロ系昼メロの頂点「華の嵐」にしても東海テレビのPと衝突して降板してる。
最終的に“原作:長坂秀佳”として権利は獲得してるんだけど。
「気高い華族令嬢と野心に燃える貧しい家の男との身分違いの恋愛」という
基本設定は長坂氏の初期設定をそのまま採用してるようだが。
「風と共に去りぬ」が元ネタなんだけど。

19 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 22:47:05 ID:l4O9EKN5
長坂氏が担当した『ウルトラマンA』第29話から登場したダン少年の名前は、氏の息子さんの名前に由来するとか。

20 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/10(金) 22:54:53 ID:St19AKdP
>>15
脚本家はホンが面白いのが全て。
人間性なぞどうでもよい。まあ納期だけはキッチリ守ってもらわにゃ困るが。

21 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 00:55:27 ID:G6JWWmNr
長坂氏は確かに個性が強い。
口調も荒く感じるかも知れない。他人に厳しい部分も多い。
でも実際に話してみると、凄く温かい人なんだよね。
長坂氏の作品カラーと似てる気がする。

22 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:01:34 ID:XYqM8TwI
アクマイザーで逃げる子供に槍が刺さったり、
ズバットで子供の乗ったボートが大爆発したりで
「子供を虐めるのが好きな脚本家だなあ」って思ってました

あ、でも好きですよ長坂脚本。

23 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:03:24 ID:XYqM8TwI
アクマイザーで逃げる子供に槍が刺さったり、
ズバットで子供の乗ったボートが大爆発したりで
「子供を虐めるのが好きな脚本家だなあ」って思ってました

あ、でも好きですよ長坂脚本。

24 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 04:10:02 ID:KnHHg6ty
「子供」ってのは 無抵抗でいわゆる大人のようなしがらみすらない恨まれる筋合いの無い存在
であることを端的に表現できる「記号」ですから、「それを攻撃する者はイコール悪である」という
ロジックなんですよ。



25 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/11(土) 12:37:01 ID:rBeqscoa
つくづく井上は伊上Jr.というより長坂Jr.だなと思うw

26 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 16:27:56 ID:Jwrc1I8r
『〜の思い出と批評』シリーズで、最初に脱落するのは長坂先生と思っていたが、
やはり・・可哀想だから最後のチャンスとしてアゲておくね。

 けど、業界でも長坂先生、嫌われてるからねえ。特に『エノケン』で乱歩賞受賞
した時の行状で・・。知り合いのPは、そんなに好きなら何時までもゲームと本で
食べればいいよ。ははは・・と言っていた。

27 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 16:45:29 ID:0EBwc6Hx
長坂さんの自伝本やインタビュー読んだ限りの印象だけど、人から誤解されやすい性格なんじゃないかな。仕事でPと衝突することもあるみたいだけど、ただ妥協するのが嫌いなだけで、不器用な人なんだと思う。脚本の腕は凄いのに、そういうとこで損してるよね。

ところで、春からテレ朝で「七人の女弁護士」がリメイクされるらしいけど、長坂さんは参加するのかな?

28 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 16:55:18 ID:HK7z0YE3
さんざん現場で改竄されまくったという事で長坂氏おカンムリの
ウルトラマンゼアスでつが、実は結構好きです。
逆に手を加えられていないゼアスの脚本を読んでみたいけど
やはり無理ですかねぇ。

29 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 17:56:46 ID:APX9LwVb
>>26
どんな行状だったのかおせーて

30 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 18:43:30 ID:wkp5G599
賞を獲る、と公言して実際受賞されたんでしょう?
常人のなせる技ではないです。


31 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 19:34:39 ID:MyFEt/xI
>>29
長坂氏は授賞式の際、出席者の面前で審査員の悪口を散々言いまくった。
さすがにこれはマズイ…というか、分別のある大人には有り得ない行状だ。

32 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 19:48:23 ID:APX9LwVb
受賞したのに?何でそんなことを?

33 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 19:59:45 ID:X0LOqPBE
特捜最前線の人ですよね?

34 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 20:19:48 ID:Qy2KqDcT
>>31
そりゃあ、あんな訳の分からない批評を書かれたら誰でも怒るよ。
審査の意味がないもん。
でも長坂氏も、ちゃんと後で反省してたよ。

35 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 21:19:08 ID:APX9LwVb
さて、どんな批評かお聞きした方が良いですか?

36 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/23(木) 23:18:24 ID:Qy2KqDcT
>>35
講談社文庫から現在発売中の、長坂氏の乱歩賞受賞作品が収録されてる
本を読んでみてください。確か、もう一人別の作家さんの奴も同時収録
されてる奴です。
そこのあとがきに、いかに当時の選評が間違ったものかが語られてます。

37 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 07:39:05 ID:dYAIIUyG
乱歩賞受賞した時に、ほれ見ろ!俺はただの脚本家(ホンヤ)じゃねえんだよって
テレビ時代のPや監督にイバりまくったらしい。野沢某もそう。みんな贈呈本を貰った
けど、すぐに棄てたっていうくらいだから余程、酷かったんじゃない。
特捜の長坂秀佳シリーズ事件も含め、この人、コンプレックスの裏返しでトンデモない行動
とるよね・・たまに。

38 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 07:48:44 ID:BwrP+9Eh
確かに「渡る世間に唾ペッペッ」なとこはあるみたいだね。

哀しきかなテレビ局はサラリーマン社会だから長坂さんのかつての人脈だけじゃ仕事に繋がらないみたいだね。


39 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 12:00:42 ID:RFhVJPot
>>36
実際翌年から選評が掲載されなくなった

40 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 19:42:53 ID:dYAIIUyG
今って、Pが若いでしょ。普通のドラマで制作会社ベースで30後半〜50、
特撮では30〜40半ばでしょ。しかも、30代が多い。東映、円谷は30台中心。
だとするとさ、年齢上は使い辛いのよ。言うこときいてくれないし、何かあれば
自分の上司や、下手すると役員経由で文句どーんだもん。若いPをたててくれる
人か、実相寺さんとこみたいに、あれはお祭りと割り切るかしかベテランに出番は
ない。
 脚本家って、大物になりすぎると逆に仕事がこなくなるからね。だって、Pは自分の
カラーが出せないし、ギャラが制作費を圧迫するから。だから、脚本家に金持ちはいない。
理屈から解るよねえ・・



41 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 20:53:48 ID:Vosbh9xL
>>10
>セブンの時に円谷が市川と長坂のどちらかの新人を抜擢しようとした時に

上原正三・著「ウルトラマン島唄」によると、それはセブンではなくてブースカの時だったらしい。
東宝所属の長坂より無所属の市川を採用した方が、本人の生活を保障出来るからという、金城哲夫の親心によるものだそうだ。


42 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 21:29:45 ID:e+G4UIYx
長坂さんはさ、誠意で対応すると、誠意で応えてくれる人だよ。
たまに相手が悪意に満ちた態度で来るから防衛本能が働いて衝突するだけで。
その証拠に、平山、斉藤、吉川、鈴木、橋本Pとは揉めてない。
勿論、作品を作る上での熱い議論はするけれど。

今の若いPもさ、自分にとって都合のいい作家ばかり使うのは止めてさ、
長坂さんと真正面からぶつかればいいんだよ。
ちゃんと応えてくれるよ、長坂さんは。
このままじゃ、本格ドラマが衰退しちゃうよ。

43 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 21:41:17 ID:QURgfPe5
>>39
初版持っていたけど確かに酷かった。
もう古本屋に売ってしまったのでここに紹介する事は出来ないけれど、
兎に角受賞作に対してだってのに嫌味や罵詈雑言に近い選評の続出でした。

44 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/24(金) 21:54:27 ID:jiZb/+BI
何でそんなことが起こったの?

45 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 00:43:28 ID:BwpVJFXq
>>44
受賞が決まったので、もう何を言っても大丈夫だと思いこんで、
話題つくりのため「小説よりテレビの方が上だ」と暴言をはいたら、
選評はまだだったので言い返された。
そのせいで本は売れず、浅草の並木通りが切られたため、
映像化も不可能になるし、ずっこけた結果に終わったそうです。


46 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 00:48:43 ID:TeCOlwFr
>>45
私には本当は受賞出来るレベルじゃなかったのに仕方無く選んだように読めた。
それとシナリオ作家に対する軽い差別心も感じられました。

47 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 01:17:38 ID:mD3GI5X9
藤川桂介や高久進なども、過去のインタビューで何度か悔しい思いをした事を
吐露しているが(プロデューサーの理解が得られず新番組の企画が難航したなど)、
長坂みたいに周囲と衝突を繰り返してばかりじゃなかったもんな。

48 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 01:38:56 ID:ldYWJIK6
それって、適当に妥協してるという風にもとれるね。
別に衝突は悪い事じゃないよ。それぐらい創作に情熱があるってこと。

49 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 20:54:04 ID:GPWI0lKg
乱歩賞獲った「エノケン一座の嵐」は、講談社じゃなくて角川から再版されたね。
長坂はホラー文庫で好調だし、角川とは上手くやってるんだね。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/25(土) 20:56:44 ID:TeCOlwFr
実際「エノケン一座の嵐」のトリックは酷いと思ったな。
先生が書いていた特捜最前線の種々のトリックの方が遥かに上。


51 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/26(日) 01:48:50 ID:07fuIA59
>>49
講談社とも、一昨年仲直りしたみたいだよ。

52 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 12:39:27 ID:l4LsuK3s
TVで仮面ライダーブラックの初回を見て感動した長坂は、吉川Pに書かせて
欲しいと連絡したそうだが、ギャラが高いから駄目だと断られたそうで。
長坂メインのブラック、見たかったなァ〜。

53 :どこの誰かは知らないけれど:2006/02/28(火) 18:31:10 ID:RKiP6CZv
それも見てみたいけど、もし東映の武部Pが新作ライダーのチーフPになったら、是非とも長坂脚本で作ってほしい。
武部Pは学生時代「エノケン一座の嵐」で資料集めを手伝って、”長坂の弟子”を自任してるくらいだからね!

54 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/03(金) 20:13:53 ID:FGQDhSb6
え? 武部P、チーフPになれるチャンスがあるの?
戦隊か、ライダーか・・・長坂脚本なら、どっちでも楽しみだよ

55 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/05(日) 21:43:08 ID:1ix2Bw2N
「仮面ライダーX」の途中降板は残念だった・・・

56 :_:2006/03/06(月) 10:47:45 ID:R79S3qSU
途中降板は、路線をめぐって対立したのかな。

57 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/07(火) 19:39:05 ID:PugJall6
降板してなかったら、アポロガイストはハカイダー以上にドラマを背負ったキャラになっていただろうか

58 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/07(火) 20:23:12 ID:Gos8RJ9o
ならない。

59 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/07(火) 21:03:39 ID:nr4gqI4j
アポロガイストとハカイダーは、背負ってるものが違うからね。
ハカイダーは、あの脳みそが・・・アポロはそういうの、ないし。

60 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/07(火) 22:18:21 ID:u/wv97ni
エノケソ借りてきた

61 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 03:41:59 ID:P+lFqxjQ
>>10
その市川さんも、今はほとんど仕事らしい仕事はしていない。長坂さんは小説や
ゲームの合間にまだシナリオを書いているけど。

62 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 07:02:11 ID:gS9ihhN9
脚本家は売れてくるとギャラが上がる(制作費を圧迫)力関係が変わる(Pが思い通りに作れない。
作って当たれば脚本家の手柄としてしか見られない。口出ししてくる)で仕事が減っていく。山田太一
や倉本先生に仕事を発注するのは今や、昔は頭を下げても書いてくれなかったテレビ東京や地方キー局
(HBCやCBC等)がほとんど。それもお祭り感覚。北川エリコが仕事ないのは当然。制作費の半分
持ってくなよ!残りでキムタクとかブッキングしたらどうクォリティ維持すんだよって感じ。視聴率
稼げればいいが、コケたからね。市川先生も同じ状況だよ。北川ほどじゃないけど、2時間で1本1500
〜2000は取ってるでしょ。制作費が5000前後で。それに引き換え長坂、上原先生クラスだと1本300くらい
だと思う。(通常100〜200.名のあるベテランで300が基本)



63 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 07:45:05 ID:P+lFqxjQ
>>62
いや、市川さんでもそんなに高くないでしょ? これは本人の証言。長いが引用する。

ttp://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/156/0094/15603250094009c.html
>その結果、人気タレントに頼った連続ドラマが、去年、二〇〇二年は百六十シリーズつくられました。
>単発ドラマ四百八十本は非常に多い数だろうと思いますけれども、驚くべきことは、
>この大半がサスペンスドラマ。かつての山田太一や早坂暁の「夢千代日記」とい
>うようなドラマは影を潜めてしまいました。そのほとんどがサスペンスのドラマ。人間性の、
>愛とか真実とかというようなものを追求するのではなくて、滑った、転んだ、
>だれが犯人かというようなドラマが主流というよりも、ほとんど全部と言ってもいいくらいの驚くべき状況を呈しております。

>そういうドラマ群というのは、では一体どのくらいの制作費でつくられているかといいますと、
>単発ドラマといいますと、大方がサスペンスドラマ、二時間、ゴールデンタイム、八時、九時、
>十時というような非常に放送料の高い時間帯の中では、約五千万円の制作費が平均とされております。

64 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 07:47:02 ID:P+lFqxjQ
>私どもが一番関心がありますのは脚本料ということになります。制作費の内訳もございますが、
>あと五分でございますので、もう手短に申し上げます。脚本料が、二時間で七十万円から、
>一番高いところで四百万円でございます。これは、欧米の脚本料というのは制作費の約一割と言われる状況の中では、
>極めて低い査定がされていると言ってもよかろうと思います。しかも、その一本四百万円を取る作家は十指おりません、
>十人おりません。
>御承知のとおり、不況によって制作費はこの二十年間ダウンの一途をたどっております。
>今、ライターの数は約千人おりますけれども、そのうち、去年連続ドラマを担当した脚本家は八十五名にすぎません。
>四百万円の作家たちというのは、ほとんど仕事がございません。多くは、使い勝手のいい、
>ランクの安い脚本家がどんどん起用されては使い捨てにされていくというような状況でございます。
>つまり、シナリオライターとしても、特に人間を描けているなどという作家はかえって邪魔でございまして、
>恋愛ドラマとサスペンスドラマを器用に書けるライターであれば、一番そういうライターが重用されるというのが悲しいかな現状でございます。

2時間で70〜400という数字から、30分ものや1時間もののギャラも推定可能。
これが平成十五(03)年の証言なので、今はもっと下がっている可能性もある。

65 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 07:50:18 ID:P+lFqxjQ
上に挙がっている制作本数だけを見ると巨大な市場だが、商業ライターの数もまた多いわけで。
(これは制作会社も同じですね。何とか仕事を貰おうと大変ですよ)

量を稼げるホンヤ、連ドラを書かせてもらえるホンヤは儲かるが、それ以外の
仕事が無い奴・売れっ子だったのに切られた奴にとっては苦しい業界。
(連ドラの人気ライターにせよ、いつまでも仕事が続く保証もまたない・・・逆に言えば、
 局プロ・主演タレントの権力は絶大なのでそうした人間に気に入られれば駄目ライターでも引っ張れてしまう例えば大森美ry)

また気合の入ったスペシャルドラマを書くようなライターは、それだけ取材や執筆に時間も掛かるわけで、
実は収入的にはさほど割が合っていない計算になる(取材費などは使わせてもらえるだろうけど。例えば
NHKはギャラが民放の半額以下という世界だが、取材費・資料費だけは面倒を見てもらえるそうだ)

結局、スタジオドラマ・TV映画の本数が多かった60〜80年代が、ホンヤに
とってもいちばん稼げる時代だったんだと思いますよ。まさに長坂・上原・市川・佐々木たちの全盛期。

66 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 08:01:14 ID:P+lFqxjQ
それと、山田や倉本は昔からHBCやCBCと仕事をしていたので、「昔は頭を下げても書いてくれなかった」
わけではないですね。キー局との繋がりが薄くなっているのは事実だけど。局プロ・制作会社も大先
生を持ち上げるばかりで、じゃあ仕事を一緒にしたいのか、というと少し違うわけですね。

もちろん大物は二次使用・媒体出演・講演とか、小説・エッセイ・ノベライズを書いたりといったシナリオ
以外の収入もありますので、そういうモノを合わせて何とか、という商売ですね。
橋田寿賀子なんか、お金も余り使わないんだろうけど相当な蓄財があるらしいよ。視聴率が
あるお陰だけど、いまだに渡鬼で現役作家として使ってもらえるものね。

業界も世代交代してますから、大御所と親しい古いP・Dがいなくなったら、
「ドラマらしいドラマ」はもう日本からほぼ無くなるでしょうね。
もちろん、たまに突然変異的にいい仕事が出てくることはあるでしょうけど、市川さんも言ってるようにシ
ステム的にもうガチガチなので、既に日本のTV産業はとっくに衰退期ですよ。個人の
コントロールや頑張りではどうにもならない。長坂さん・上正さん・市川さんはいい時代を生きました。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 08:21:53 ID:mJF6U0lF
(;゚Д゚)<長ァーッ!!

68 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 13:40:56 ID:zKQQpPYT
>>57>>59
どっちかというとハカイダーもアポロガイストも伊上向きのキザ野郎だからな
長坂メインでキャラが立ったのがハカイダーで、伊上メインでキャラ立ったのがアポロガイスト。

69 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 18:34:29 ID:qZCCzUPz
エノケンは乱歩賞受賞作品の中でも最駄作

70 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/08(水) 19:50:48 ID:VfS83/7T
まったくもって市川の言うとおりだよ。


71 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/09(木) 09:18:47 ID:Iod/C46x
エノケンは、直木賞を受賞してもおかしくない名作だよ。
現在、そういう評価をされてきている。
悲喜劇を絡めた人間ドラマの描写が深い。

72 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/09(木) 23:47:21 ID:Bxw1clDK
>>69
乱歩賞受賞最駄作は『蟻の木の下で』だと思います。
エノケンの方が個人的にはマシだと思ふ。

73 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 19:13:57 ID:dtB4DdMa
ミステリー板の長坂秀佳スレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/995381207/

角川ホラー文庫の話題が多いです

74 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 19:33:08 ID:g326sL+a
あそこは悪口ばっかり書くから嫌い

75 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 19:46:56 ID:p7QGwhdq
ミス板住人もいるのか

76 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 21:58:15 ID:A1b3nB6N
>>75
それはコテハンとしてのミス住ですか?
何か嫌だ・・・

77 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/10(金) 23:09:26 ID:p7QGwhdq
違うよ書斎のことじゃない

78 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/13(月) 00:17:00 ID:yt7geETR
テレ朝で4月にスタートの「七人の女弁護士」。
公式でスタッフが発表されてたけど、長坂センセイの登板はあるのかな?
「特捜」以来の盟友・五十嵐Pがセンセイを呼んでくれればいいけど。

79 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/13(月) 00:26:47 ID:96P7MT3H
局プロ、五十嵐なの?

80 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/13(月) 00:44:03 ID:yt7geETR
「七人の女弁護士」公式によれば、
http://www.tv-asahi.co.jp/7nin/000_pre/02_caststaff/index.html

チーフプロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)

と表記されています。
“原作・長坂秀佳”のクレジットがないのが残念!

81 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/13(月) 00:49:08 ID:xU1k21Rc
公式はともかく、放送では原案・長坂秀佳としっかり載せて欲しいね

82 :80:2006/03/13(月) 00:53:44 ID:yt7geETR
“原作”じゃなくて“原案”でした。失礼!

83 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/15(水) 23:29:09 ID:Y6iAo0+D
どうだろう。今、講談社と角川の書き下ろしに忙しいから。
でも何らかの形で参加して欲しいね。難しいとは思うけど。

84 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/17(金) 18:57:21 ID:yHeMJBZ0
書き下ろし作品が出るんだ!
角川はホラー文庫かしら?

85 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/21(火) 15:48:43 ID:ISSlWo/L
ホラーは卒業みたいな事を長坂先生は自伝で語ってる。
多分ミステリーだろうね。今年中に出してくれるかな?

86 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/25(土) 01:17:12 ID:+7JB4ktn
次回のコセイドンは総集編。
その次は、いよいよ原作者である長坂氏の脚本が登場。

87 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 22:08:06 ID:9lIVxxZJ
さらに時代劇専門チャンネルでは、「子連れ狼」シリーズがスタート!
長坂さんは、本名で執筆した回とゴーストで書いた回があるんだよね。

88 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/26(日) 23:58:30 ID:dZS6PDHw
>>87
長坂氏は「子連れ狼の第一シリーズでゴーストライターを務めた」と大胆なコメントを
しているけど、おそらく「無記名で(他の脚本家のシナリオを)手直しした」
くらいのレベルでしょう。

89 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/27(月) 00:22:52 ID:ILXQSxn0
>>88
手直したしたのは第三シーズン、自分の脚本書きつつ(多分)国弘さんたちの脚本に手を入れている。
それを頼んだのが当時スタジオ・シップのPDだったマタ・山本で、後の『ゴルゴ13』などの付き合いに続いている。
まぁゴルゴでは、今度は自分の脚本が出崎に直されまくるわけだが。

90 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/27(月) 10:34:12 ID:rQQz/XlZ
じゃあ、つまり長坂氏は子連れ狼の実質的なシリーズ構成だったって事?
知らなかった。いいこと聞いたよ。

91 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/27(月) 21:38:32 ID:UuWHa+HS
>>90
そういうことじゃないと思う
『ジキルとハイド』は影のシリーズ構成と言っていいと思うけど
子連れの第三シーズンは、原作と同じ最終回に向けて縦糸が多い展開なんだけど、多分殆どの脚本家は
あまり原作の伏線とかを気にしなかったと思う、今も昔も実写のスタッフなんてマンガ原作を馬鹿にしてるし
なので一番若いライターが原作サイドの意向を汲まされ矛盾が出ないよう直してた、ということじゃないかと

92 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 02:43:41 ID:qJ3Y5DdG
特捜みたくキカイダーやズバットもサブタイのところに長坂秀佳シリーズと銘打てば更にハクが付いたのにw。

93 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 08:26:20 ID:lf3G/+zL
つくわけないだろ。

94 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/29(水) 08:26:46 ID:HEtfU0WY
>>92
(゚∀゚)そりゃ響鬼に「井上俊樹シリーズ」て冠するようなもんだ

95 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 17:12:16 ID:XE+tNOfL
子連れ狼、どれが長坂氏のゴーストなのか悩みながら見てる。

96 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 19:24:10 ID:Zw0a7A28
>子連れ狼

ちと脱線するが、第1話で拝一刀が敵に縄で縛られてしまった時、逆転の仕方が意外だった。
何と、大五郎が小便をしたいと泣き出し、一刀は「この子は私が直に抱えてやらないと用を足せない」と悪人に渋々縄を解かせる。
そして縄が解けた瞬間、一刀は悪人たちに襲い掛かる、というやり方だった。
あんまりセコイやり方だったんで、笑っちゃったよ(笑)


それはそうと、時代劇マガジンあたりで、どの回が長坂さんのゴーストなのか記事にしてもらいたいね。




97 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 20:13:46 ID:G3egxVW6
>>95>>96
『子連れ狼』の第一シリーズは73年4月スタート。
この時点で長坂氏は、人気番組『刑事くん』や『人造人間キカイダー』を
手掛ける売れっ子ライターだったわけだから、いくら何でも他人名義で
シナリオ一本丸ごと創作していたとは思えない。
※第一シリーズと第二シリーズ(74年4月〜9月)には、長坂氏のクレジット回は
単独・競作を含め一本もなし。

そもそも長坂氏のゴースト回って、76年4月スタートの第3シリーズじゃないの?
(長坂氏とともに、メインを手がけた国弘威雄氏の脚本を手直しした説)


98 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/31(金) 20:24:09 ID:G3egxVW6
「73年にゴーストを手掛けなかったのが、何で後になって手掛けるんだ?」
と突っ込まれそうなので。要するに、
・73年、74年の時点でゴースト回が多数あったのなら、何らかの形で長坂氏の
クレジット表記が行なわれた筈
・76年の第三シリーズは、今までにも増して連続性が強くなったため、
他人のシナリオと自分のシナリオの整合性をはかる必要が出てきた


99 :どこの誰かは知らないけれど:2006/03/32(土) 17:51:04 ID:GGrBKTSz
4月はチャンネルNECOで、長坂さんが脚本に参加した「だから大好き!」が一挙放送。
岡崎友紀&沖雅也のライトコメディで、「小さな恋の物語」の前身となった番組だね。

100 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 00:50:14 ID:w7XDtoCW
100げと

101 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/02(日) 05:27:42 ID:9YREUT+R
>>91
>多分殆どの脚本家はあまり原作の伏線とかを気にしなかったと思う、今も昔も実写のスタッフなんてマンガ原作を馬鹿にしてるし

脚本担当のプロデューサーは何人もの人に同時に書かせるので、同時並行的に書い
ている個々人が伏線にまで気を配る余裕はない。別にマンガだからバカにするなどということはしない。
小池一夫も劇画原作者としては一流なのでそれなりの敬意はある。小池本人名義の脚本回もある。

>>98
ゴーストというか、ノークレジットで「シリーズ構成」的に手を加えただけでは?

ライターを立てなくても本当はプロデューサーのマタが各人を調整すれば済む話なんだけどね。
そこはプロのライターに頼んだ方がいいと思ったのでは? 当時のマタにそういう才能があったか否かは疑わしいし。
マネージメントの馬力だけの人だからな。元々はさいとうプロの丁稚だったんだよねこの人。
なぜ小山ゆうが「あずみ」をマタに渡したのか不思議だったのだが、小山もさいとうプロにいたので当時からの友人だったそうで。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 13:27:54 ID:Q0FPqCDl
新宿ナイトインフィーバーとかどう?

103 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/05(水) 23:50:37 ID:NbPwQaBc
基本的に長坂氏の特捜は、何か救いのあるラストで終わるんだけど、
新宿ナイトは、やり場のない悲劇で終わった所が凄かった。
あの空を飛べたら、という曲も強烈だったね。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 12:47:41 ID:JQBTbpDr
自分は特捜では死んだ男の赤トンボが好きだ

105 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 22:30:32 ID:+Iu5yZ6i
今日の7人の女弁護士に、原案・長坂秀佳って出てました。

106 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 22:48:38 ID:WpcFAedR
長坂さんのお名前、結構目立たない位置にあったのが残念だった。
以前のシリーズでは、原案クレジットは一枚看板に出してたのにね。

107 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/13(木) 23:32:13 ID:+Iu5yZ6i
前のシリーズと違って、クレジットが横スクロールでダーって勢いよく
流れて行く感じだったから、あれでも仕方がないかなと。
最悪の場合、原案のクレジットがカットされる事も想像してたので。
クレジットがあるだけでも良かったかも知れない。
公式サイトには、原案の名前なかったからね。

108 :どこの誰かは知らないけれど:2006/04/28(金) 16:52:44 ID:Jj4T4lUv
7人の女弁護士、裏の渡鬼といい勝負をしている>視聴率

109 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/07(日) 01:03:45 ID:2EagR1Hj
しゅーけーage

110 :どこの誰かは知らないけれど:2006/05/16(火) 01:45:51 ID:FuR2FK5J
エノケン面白いじゃん

111 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/05(月) 10:06:09 ID:HPzvaDQt
面白いのに不当な扱いをされてるから、納得できないの

112 :名無しさん:2006/06/09(金) 09:32:31 ID:kdyuvsS1
インパクト狙いの一発芸ほど飽きられ易いものはないってことさ。

113 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/09(金) 15:11:20 ID:hHW8JaAF
一発芸の意味が分からん。別に飽きられてないし

114 :どこの誰かは知らないけれど:2006/06/12(月) 04:06:22 ID:3QJI6yc8
馬鹿は彫っとけ

115 :長坂ファン:2006/06/12(月) 19:32:24 ID:fX8W2u/4
弟切草シリーズは面白い

116 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 20:36:00 ID:Fki0HISE
特捜最前線DVD−BOX収録エピソード決定!
長坂脚本が多数アリ!!

第1話 「愛の十字架」
第13話 「愛・弾丸・哀」
第94話 「恐怖のテレホン・セックス魔!」
第105話 「さようなら、高杉刑事!」
第114話 「サラ金ジャック・射殺犯桜井刑事!」
第133話 「六法全書を抱えた狼!」
第146話 「殉職I・津上刑事よ永遠に!」
第147話 「殉職II・帰らざる笑顔!」
第172話 「乙種蹄状指紋の謎!」
第277話 「橘警部逃亡!」
第317話 「掌紋300202!」
第333話 「一円玉の詩!」
第359話 「哀・弾丸・愛 7人の刑事たち」
第360話 「哀・弾丸・愛II 7人の刑事たち」
第459話 「挑戦・この七人の中に犯人は居る!」
第460話 「挑戦II・窓際警視に捧げる挽歌!」

117 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/01(土) 23:13:28 ID:236DjG/s
特捜の5本に1本は長坂さんのホンだからね。
でも、今回の収録から わざと抜いてる話もあるね。

あと何回DVD−BOXを出すつもりなのかな。


118 :名無しさん:2006/07/02(日) 10:29:30 ID:D52Uq7sP
また株下げちゃったな。w

119 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 12:59:05 ID:+iGXyj04
どうなんでしょう?
ファン的には、どの作品が収録されなかった事に不満を感じます?

理想的な16本収録は、どういう形が良かったんでしょうね?

120 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 13:54:21 ID:XoD8Z2tw
何巻まで出るのか知らないけど、うまく配分してなるだけ多くの話を
ソフト化してくれりゃいいよ。
一番最悪なのは長坂BOXとか塙BOXみたいな構成。


121 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/02(日) 23:16:47 ID:U3gcD5H5
>120
長坂ファンとしては、長坂BOXの方が嬉しいかも。
長坂BOXにしても100本位(だよね?)は書いてる
ので、軽く20枚組で12〜3万円するのか!?
特捜ファンなら、1話〜最終話まで、1巻2枚組で
10〜12話収録で出して欲しいが、まあ500本以上も
あるので全話DVD化は無理だろうなあ

122 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/03(月) 06:48:05 ID:nN5SkKPJ
>>116
133話では叶刑事が犯人役か。
それもレイプ犯。

123 :名無しさん:2006/07/03(月) 12:48:01 ID:nnV9yTdW
>>122
あれは脚本と監督のほなあにに終始しちゃってるからなあ。
DVDになってまで見たいとは思わんな。

124 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/03(月) 13:57:17 ID:ug7mXSy+
特捜は渡辺篤が出てたぐらいから見なくなったなぁ〜又テレ朝で夕方あたり再放送してくれないかな エンディング曲が今も頭から離れないくらいインパクトあるよ

125 :名無しさん:2006/07/09(日) 00:07:07 ID:xotRT+2p
度が過ぎるくらい趣味を押し付けて挙げ句の果てにコンプレックス丸出し。
これじゃ業界がいい顔しないのもわかる。

126 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/09(日) 23:27:38 ID:3r43aFzg
ひとりで一生懸命長坂叩きをやってるようだが、誰かに頼まれたの?

127 :名無しさん:2006/07/12(水) 15:12:35 ID:bC7E8dYY
>>1
本人がそう思ってるだけなのでは?

128 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/12(水) 22:00:56 ID:5T1uZ15m
だからさ、ID:bC7E8dYY。何でひとりで頑張って叩いてるのか教えてよ。

129 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 17:12:32 ID:OKDGE9Em
特捜DVD-BOXの構成は我らが岩佐陽一だそうだ…orz
ソースは洋泉社刊「オトナアニメ」筆者紹介欄より。

130 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 17:27:38 ID:Lo9gd05z
>>129

GメンDVDの悪夢再びか…。

131 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 21:13:38 ID:QYstTjDm
またしても岩詐かよ!
白石雅彦とかスタジオたるかすの五十嵐とか、特捜&長坂好きのライターは他に
幾らでもいるのに…。東映ビデオのスタッフ、マジで無神経過ぎ。

132 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/13(木) 22:06:38 ID:OqlEBPYN
「刑事マガジン」系列のライターか切通理作あたりが解説するものだと思ってた・・・

俺は良く知らないけどGメンのライナーノーツってどんな感じだったの?
岩詐の事だから特撮出演者にかこつけた脱線話を展開したり
ウケ狙いでサブいギャグ(?)を絡めたりと、ある程度は予想が付くけど・・・

133 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 08:56:01 ID:2B7g/eZ8
本間の方がマシだな

134 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 16:35:51 ID:uvexQD28
岩佐・・買う気が一気に冷めてしまったよ
Gメンの前後編(吹雪刑事登場編)の後編のみ未収録、
俺は絶対忘れないぞ!
ろくに作品を知りもしないくせに構成なんてするなって

135 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 17:32:10 ID:MKIDKzNd
やっぱりと糞う最前線、トホホ最前線だ。

136 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 18:34:39 ID:rwKh3jJp
>>134

>ろくに作品を知りもしないくせに構成なんてするなって

だからアンケート投票にしたんだ(w
作品セレクトを。

137 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 18:53:59 ID:rLM2E6sA
まぁBOXに付属してくるであろうアンケート葉書に
「ファンの声を無視して岩佐を使うな」と書くしかあるまいて。

138 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/15(土) 23:47:53 ID:P5DOqPpZ
ゴリオリバーの名前を聞くと
昔、魔太郎(藤子不二雄Aの漫画)に出てきた、
人が長年探してた本をほしくもないのに
わざと目の前で大金払って買い取って、
目の前で火にくべるムカつくヤツを思い出す。


139 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 10:24:48 ID:J+jZBE9g
>>138
あぁ、フランケンシュタインのヤツなw

140 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/16(日) 21:21:05 ID:rpHmhxh+
http://www.aol.com/starwars/trailer/index.adp?type=lrg

141 :名無しさん:2006/07/27(木) 18:45:48 ID:w+zRZZS1
良くも悪くも小説向きだよね、この人の良さは。
映像系はなんか荒っぽすぎて嫌。

142 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/27(木) 21:40:10 ID:/07hru37
そうかな〜。むしろ映像系の人間だと思うけどな。
本人もそう言ってるし。

143 :名無しさん:2006/07/27(木) 22:00:29 ID:w+zRZZS1
本人がそう思っても周りがどうかてのもあるが。

144 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 20:42:21 ID:V33vw7aO
何記者会見にまでしゃしゃり出てんだよ脚本家が・・・・

145 :どこの誰かは知らないけれど:2006/07/30(日) 22:58:12 ID:DLs77V1Y
お久し振り。また来たね。コーヒーでも飲む?

146 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/02(水) 00:41:53 ID:KxHoUu51
この絵じゃ売れん!と長坂先生がご立腹だった「彼岸花」をプレイしてみた。

…ガチでシナリオよりもグラフィックの方が恐い(つか、キモい)っすよ、先生。

147 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/07(月) 09:13:14 ID:s6cUzGyv
特捜最前線DVD−BOX特典映像!

■藤岡弘、インタビュー
■長坂秀佳インタビュー
■予告編集 第1話〜第169話

148 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/07(月) 09:15:39 ID:s6cUzGyv
発売は11月21日(火)だそうです!
http://www.toei-video.co.jp/tokusou/index.html

149 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/10(木) 11:04:54 ID:+EjEjD+/
良くも悪くも「ズバット」で確立されちゃった感じがするんだよね。
あの作品以降長坂の話には常識離れや視聴者的に受け付けないようなキャラクターばかりが出てくるようになったと思う。
それにハッタリにこだわるあまり、総統Dとの決着みたいに一番描くべき点を端折ってるケースが多い。
アイデアはずば抜けてるんだけど、結局はそれ以上でもそれ以下でもなかったってことなのかなあ?

150 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/10(木) 20:08:53 ID:eHSsre4G
どれほどの作品を見ればそういう結論になるんだろう?

アクションやチャンバラを端折るのは そこにドラマらしいドラマが無い時だよ。
限られた枠で単なるドンパチに時間を割かない、それよりもドラマを盛り込みたい
って意思の表れだよ。
ライターはドンパチよろしくって書いてドラマを端折ったほうが楽なんだから。

151 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/10(木) 22:32:00 ID:2PB1fE1C
常識離れや視聴者的に受け付けないようなキャラクター?

例えば誰のことかな?

152 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/18(金) 20:35:45 ID:1AzlhK3L
ズバットの破られたラブレターの回のヒロイン。

153 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/18(金) 23:01:58 ID:kADgidnQ
恋をした相手をどんなに裏切られようとも信じたい気持ち。
別におかしくないと思うが? それが非常に屈折してたとしても。
ていうか、当たり前の人間描写をしてたら、ドラマは成立しないんだよね。
常識離れが根本的におかしいと感じるなら、あなたはドラマを見ない方がいい。
ドキュメンタリーをお勧めします。
風と共に去りぬのヒロインも無茶苦茶常識離れです、ある意味ね。

ひょっとしたら、いつもの叩きの人に釣られたのかな?

154 :どこの誰かは知らないけれど:2006/08/29(火) 09:41:25 ID:ApkiHDEt
良くも悪くもバルタン星人jrの回を超える話はないてことで・・・

155 :どこの誰かは知らないけれど:2006/09/22(金) 00:40:51 ID:4TIEIT8L
でもあれだけ態度でかそうなコメントばかりされると逆に人間不振じゃないかって思われそうな・・・

156 :名無しさん:2006/10/06(金) 13:15:34 ID:PJCS2a7+
Aのサウンドギラーの話、何だありゃ?
同一作品の歌のパチモンの方を劇中で流すなんて聞いたことねえぞ。
そういえばアニメ声優の持ち歌を流してた時代劇もあったし、ようわからんなこの人。

157 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/06(金) 15:26:21 ID:xSLjK0rr
おいおい、脚本とは関係ない話だぞ……って、釣られた?w

158 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/06(金) 23:16:19 ID:gtx1LCpv
多分、脚本に指示があったんだよw

159 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/08(日) 02:56:00 ID:bDB1s/eC
>>153
キモイ

160 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/08(日) 08:20:35 ID:ZOeXCtVq
普段、映像作品等で涙を流した事がないおいらが
感動の余り涙した唯一の作品が「街」というゲームと旧特捜最前線


161 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/08(日) 12:09:27 ID:2b2eBc9y
>>159
遅い
>>160
旧って、どういう意味ですか?

162 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/15(日) 16:42:41 ID:pg9cjipf
新作書き下ろし小説「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」10月30日発売予定
800枚書き下ろしのミステリー小説、角川書店よりハードカバーで10月30日発売予定。

ホラーゲームの小説はイマイチだったが、これは楽しみだな。
でも、これもホラーなのかな?

163 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/16(月) 10:23:14 ID:FqBiSIC2
長坂先生自身、どうもホラーは自分に合わないという事で、古巣の
ミステリーに戻られたそうです。

164 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/17(火) 22:15:52 ID:BXXZ81NE
長坂は「怪傑ズバット」を現代風にある程度リアルにアレンジして小説化すればいいんだよな。
わかってねえよな。
「仮面ライダー誕生1971」(和智正喜)を発売した講談社あたりならそういう企画も通るだろうに。

165 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/19(木) 21:25:26 ID:tbN0fDfp
今月の「ウルトラ情報局」11月号のゲストは長坂秀佳だ。
「ウルトラマンA」のダン少年の名前の由来は、長坂さんの子供の名前から取ったんだって。
でも、すでにモロボシダンがいるんだから、ダンは使っちゃいけない名前だと思うぞ。

166 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/20(金) 10:37:50 ID:uh7KnuXR
>>165
見た。東映作品は裏話を結構語っていたがウルトラの自作について語ったのは
初めてじゃマイカ。

167 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/20(金) 14:51:27 ID:F9K+Ht1V
ウルトラマンAGEでも語ってたじゃん。
ダン少年のことも。

168 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/20(金) 20:04:12 ID:AN+2Bhes
ダン少年の話は結構有名だよ? 息子への遺言だそうだ。

169 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/20(金) 20:55:38 ID:yXtnQe21
Aの長坂脚本では暴走族の話が一番好き


それだけに今になって「あれは甘すぎた」と
ダメだしされるとは…


はみだし者の言い分や更生に光を当てるのが
長坂作品の魅力の一つと思うんだがなあ

170 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/21(土) 08:54:29 ID:PY/httIc
まあ照れてるというのもあるかも。
若者の更正部分がちょっとベタな部分もあるが
折れも暴走族話は好きだな。


171 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/22(日) 04:06:04 ID:UcHQYS70
長坂はウルトラシリーズのことをろくに知らずに「帰マン」「A」を書いていたのがよくわかるよな。

172 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/22(日) 06:54:59 ID:mp+Q0fon
>>171
その延長線上に「ゼアス」があるんだなw  

173 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/22(日) 21:15:08 ID:Y3nkbcet
「ゼアス」は「特捜最前線」の
白い手袋をした通り魔も継承してるね

174 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/23(月) 00:19:26 ID:QTCJDdLs
>>171
円谷プロに対しては、「快獣ブースカ」に参加させてもらえなかった事を
根に持ってたかもしれないね。オレを起用しなかった会社の作品なんか観るか!と。



175 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/23(月) 19:32:36 ID:ic0X0Hh4
長坂は東映のような等身大アクション向きだと思う。なんかファンタジー感が足りない。

176 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/23(月) 20:02:35 ID:JMiZojcz
>>175
そんなあなたに、透明ドリちゃん、ふしぎ犬トントン、それ行け!カッチン
の視聴をおすすめします。
凄くファンタジーに溢れてますから。

177 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/28(土) 09:24:03 ID:tNiQm/wH
誰か井上との対談企画組んでくれ
久々にこのスレ読んでみたらますますその思いが強くなったw

178 :どこの誰かは知らないけれど:2006/10/28(土) 10:20:06 ID:2qTEhP2J
>>156
それ言うたら、レオのアシュランの回では郷さんが歌うオリジナル版ではなく、
アポロン工業版の「帰ってきたウルトラマン」が流れてたと思う。

179 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/03(金) 01:34:38 ID:XJw4tGh9
>>177
東映族ハケーン

180 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/03(金) 04:04:27 ID:VtPSDT46
長坂先生最新作!

「信長の棺」 テレビ朝日系 2006年11月5日 21:00-23:24
ttp://www.tv-asahi.co.jp/hitsugi/

181 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 11:06:37 ID:85gkI1R6
>>180
それはズバットとかハカイダーは出てくるの?

182 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 16:14:17 ID:kVqH8oqI
出て来て、どうするw

183 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 18:03:18 ID:2A6BZgCS
>>176
見たくても見れねぇじゃんか


184 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 18:37:25 ID:OPAqRB6o
>>183
CS(CATV)を付けろよ。

185 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 19:22:51 ID:M09Gu1Qi
なんだぁ 全作品とまではゆかなくても相当数見ているのかと思ったら
ちょっと見ただけで語ってるの?

大したヤツだよ。

186 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 21:37:23 ID:f13zNv42
>透明ドリちゃん、ふしぎ犬トントン、それ行け!カッチン


観たけど、表面だけファンタジーって感じだった。

187 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/04(土) 22:36:04 ID:np6VGNDx
>>162
「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」発売してたけど、もう読み終わった人はいるのか?

188 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/05(日) 00:48:22 ID:w6G9l8+J
>>186
長坂さんの場合、人間ドラマに重点を置く書き方だから、一般的な
ファンタジーとは違う印象を受けるかも知れないけど、あの作風も
異色ファンタジーとしてアリだと思う。

189 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/05(日) 01:02:40 ID:bI0Ddxao
>>173
「白い手袋をした通り魔」、今週のファミリー劇場で放映。
ゲストはおなじみ西田健。
犯人の異常なほどの清潔好きがゼアスに継承されてるわけやね。

190 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/05(日) 01:07:54 ID:619vn2uT
孤高のエリートライター

191 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/06(月) 01:10:53 ID:iwvV+0QD
>>180
超神ビビューンネタが出て来た

192 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/07(火) 13:14:04 ID:F0gFpsYg
信長の棺は非難ゴウゴウの件

193 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/07(火) 18:03:47 ID:CWEKkxaE
何で非難されないといけないのか分からん。
丁寧にきめ細かく人間ドラマを構築していたのに。
原作の粗を上手く補い、重厚に描き切って面白かった。
HDDに録画してたのをもう一度見てみたけど、やはり印象は変わらない。
何で非難するんだろう。原作をかなりいじったからかな?

194 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/07(火) 18:55:50 ID:6cZVRFGK
>>193
原作の粗を補ったって、どこが?

秀吉との問答の駄洒落合戦とか、いまだにこれをやるのかと唖然とさせられたが

195 :名無しさん:2006/11/09(木) 10:13:27 ID:VZidjXcH
結局非難受けやすいような話ばっかり書くのが問題かと。

196 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/09(木) 10:42:16 ID:/OvWAnvv
ウルトラマンAの第34話

どっちが本当のサブタイトルなんだろ。
「海と虹に超獣が踊る」
「海の虹に超獣が踊る」

197 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/11(土) 13:36:23 ID:UJEugJIg
「海と空に超獣が踊る」じゃなかったっけ?

198 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/14(火) 22:54:55 ID:IMDbb3lq
「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」読み始めたが、
主人公の脚本家の経歴が長坂の経歴そのまんま(ただし年齢設定は35歳)。
なんだこりゃ、オナニー小説か?
まぁ、それなりに読ませてはくれるがね。

199 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/15(水) 19:40:57 ID:NLv21Yew
>>198
街の市川もそうだし、宿寄木と化猫伝にも長坂そのままのキャラが出てる。

200 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/15(水) 22:07:23 ID:NwA4LWJI
>>199

単行本にならなかった『ジキルとハイド犬』シリーズにも市川森一(しかわもりかず)というライターが出てくるが、略歴は長坂そのもの

201 :名無しさん:2006/11/21(火) 21:19:11 ID:6kSy08yE
作品に対する情熱さはわからんでもないけど、敵作りすぎ。w

四面楚歌ていう言葉にぴったり。

ttp://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/natsudora/1163534302/153

202 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/21(火) 22:14:06 ID:6CsYS5Y6
ちゃんと仕事があるから、四面楚歌とは言えないね

203 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/26(日) 08:42:55 ID:IkzVtvvk
CSのファミリー劇場で12/27、28に「ジキルとハイド」の一挙放映やるね。
でも、この作品は池田憲章がアニメックで誉めたせいで名作扱いになっているが、そんな面白くない。
いや、面白さの基準は人それぞれか。

204 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/26(日) 17:56:54 ID:kEWKFjnD
「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」読んでいるのだが、ちまちまと小さい事件ばかりでちっとも面白くない。
こういうのは最初にガーンと大きな事件を起こさないとダメだね。
長坂のことだから何か狙いがあると思うのだが、読み続けるのがつらい。

205 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/26(日) 18:22:05 ID:zxRXEQET
>>203
本当に面白いのは五社英雄が撮った第1話・2話しかない。ハイドに関わった人
物たちの人生模様という狙いは面白いのだが、毎回、パターンが似ているので徐々に飽きてくる。
今野勉や村木良彦まで演出しているという資料的価値だけだな。

スレ違いだが、「ジキルとハイド」が手塚治虫の「ブラック・ジャック」に影響を与えた?
と書いてあるブログがある。手塚さんは仕事をしながら仕事場ではいつもTVを点けていて、TVで
見た時事ネタや雑学ネタをどんどん自作の中で使う人だったようなので、もしそうだとしても何の不思議もないです。
クリエイティブな仕事をしている人には情報を得るためにTVを「ながら」視聴する人も多いようで。

206 :どこの誰かは知らないけれど:2006/11/26(日) 18:44:39 ID:kEWKFjnD
>>205
やっぱ面白くないと思ってる者もいるんだな。

ところで、ブラックジャックのブログってこれ?
http://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/nikki/2001_02.htm#25
http://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/nikki/2001_04.htm#24
http://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/nikki/2005z_12.htm

207 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/03(日) 21:27:26 ID:vEAAlLZF
動画upしました
up2236.zip 特捜最前線 乙種蹄状指紋の謎!
http://www.774.cc:8000/upload-pro/all.html?1165063568

208 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/05(火) 02:31:06 ID:6uItfxkd
>>207
いただきました。

209 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/06(水) 17:15:51 ID:6oZS39cS
>>204
他に誰も「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」の感想を書かないのが不思議だ。
って言うか、つまらないから感想を書かんのだろ。
みんな、正直だよな。

210 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/06(水) 22:26:51 ID:rNME7cD5
>>209
釣れますか?

211 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/06(水) 22:32:16 ID:ynWuDBQV
長坂は市川森一をライバル視し、市川も長坂を永遠のライバルと言っているが、
どう見ても市川が勝っているように見える。
本当は市川は長坂との友情を保つため、ライバルを自称しているのじゃないか?
市川の優しさに長坂は早く気づき、これからは舎弟として市川に媚びるべきだ。

212 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 09:03:21 ID:Q92xa6p4
芸術志向の市川氏と、娯楽志向の長坂氏を比べるのは難しいと思うが?

同じ土俵であえて語るなら、刑事くんでの両者の作品を見ると、長坂氏の
方が圧倒的に面白いと感じるけどね。
市川氏の太陽にほえろと長坂氏の特捜最前線を比べても、やはり特捜の方が
面白いと思う。

213 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 12:50:12 ID:U81tGgGx
>>211-212
市川さんはテーマ志向なんだよね。批評的には成功したけど、他の大物ライターと
同じくギャラが高止まって本業の仕事が減ってしまった。
(ライターは成功するとギャラの高止まりやPDの世代交代で仕事が減る。後から新人も出てくるし)
今はタレント業や放送作家協会の仕事が忙しくなっている。

長坂さんはいまだに本業の仕事が途切れないのは素直に偉いんじゃないですか。
あのクラスになると逆に使ってもらえないですよ。なまじゲームや小説をやっていると、
「そっちに専念すればいいでしょ」となっちゃうのに、いまだにTVの仕事が来る。
速筆で手際がいいので仕事が早く進むとかあるのかもしれませんね。

214 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 13:07:17 ID:cckwTVk1
で、皆は「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」を読んだの?

215 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 16:29:31 ID:/ce7Rob0
店先で10ページほど立ち読み。買う価値なしと判断。
ブックオフで半額になったら買うわ。

216 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 17:24:18 ID:dRYoAnPc
http://8112.teacup.com/goshii/bbs
長坂のファンサイト、まるで書き込みがねえな。
どうなってんだ?
あまりに最近の長坂の作品がつまらないので、ファンとしては正直な感想を書き込めないんだろうな。

217 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/07(木) 21:18:04 ID:Q92xa6p4
ID:dRYoAnPc=ID:6oZS39cS
いつもの長坂叩きの人、ご苦労様です

ID:/ce7Rob0
叩きに便乗する人、ご苦労様です

218 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/09(土) 01:36:41 ID:55fNJe+l
>>207
GJ

219 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/09(土) 10:34:18 ID:dx8iIo7P
長坂さんの新作小説、読んでいてホッとしたよ。
ホラー小説時代に感じていた違和感がなくなったから。
乱歩賞作家・赤の謎を読んだ時もそうだったけど、やっぱり長坂さんは
ミステリーが似合うんだなと思ったよ。

220 :bikki:2006/12/09(土) 16:41:43 ID:FvuM51vh
お噂にあずかったbikkiと申します。燃えろアタックのDVD化の署名運動に
ご協力ください。「たのみこむ」の燃えろアタックのページを占領しています。
特捜最前線158話「ニューミュージックを歌う刑事!」では燃えろアタックの
バレーボールの試合の場面がバレーのシーンに流用されています。田中秀夫のt
撮ったものです。高沢順子がゲストでしたが、彼女は燃えろアタックには関係
ありません。
 私の古いペンネームはミツ子命でした。これからも宜しく。

221 :bikki:2006/12/09(土) 17:07:36 ID:FvuM51vh
このサイトは業界人の方がかなり書き込んでるみたいね。色々と参考になりま
すね。

222 :bikki:2006/12/09(土) 19:21:44 ID:FvuM51vh
浮間舟人に書かせればかなりのものが書けると思うよ。特捜の解説書。やらせ
てみたら?

223 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/09(土) 21:05:03 ID:Z4awshrP
>>219は読んでないな。
まるで内容に触れていない。
ちゃんと読んでから書けよ。

224 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/09(土) 21:44:56 ID:dx8iIo7P
>>223
言ってる意味が分からん…細かい内容にまで触れたら、ネタバレに
なってしまうと思うが。まずいでしょ?
そこを違和感を使って、何とか説明したつもりなんだけど。

225 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/09(土) 22:48:11 ID:yMwjqasK
犯人は貴志郎

226 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 03:57:33 ID:ReBSEBRX
bikki=本間豊隆

227 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 07:14:02 ID:JIG0EKIs
みんな気付いてたよそれぐらい

228 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 08:16:33 ID:OIG4qxgb
bikki様

あんた、
長坂スレで『燃えろアタック』のDVD化署名が関係あるの?
別スレで語ってよ。
場違いだから。

229 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 11:12:23 ID:TPib8yd0
この方と山田○司は自身の人間性がそのまんま脚本に表れてる気がする。
そうでないと特捜の的場刑事みたいなキャラクター描けないと思う。

230 :bikki:2006/12/10(日) 14:34:45 ID:0GPJmYG7
「吉川進・全記録」買ってね。

231 :bikki:2006/12/10(日) 18:11:57 ID:0GPJmYG7
だからさあ、特捜最前線の158話で燃えろアタックのフィルム使われている
から関係ありますよ。スタッフもかなり、かぶっているし、ゲスト女優も重複
しているんだからね。

232 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 18:16:33 ID:/DkEvMuF
(,,゚Д゚)y─┛~~~~

233 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/10(日) 23:09:36 ID:rPi4yJfk
>>230
いつ何処から発売されるか、詳しく書いといてよ。

特捜の158話は長坂さんとは関係ないです。
あとね、キカイダーはゴレンジャーよりも評価は低くないから、元々。

あえて釣られときます。

234 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/11(月) 00:50:35 ID:pkcvYZah
>>207の動画
いただきますた。

235 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/20(水) 16:12:07 ID:Lb2ZF7On
MIXIで見つけた。

長坂秀佳:原作・脚本の『勝利者たち』のDVDソフトは本日発売!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000JVS390
アマゾンなら25%オフで価格:¥ 2,205 (税込)とお買い得です。ぜひ買いましょう(本作品があなたの感性にあわなくても当方は一切の責任を負いません)。

また来る12/31(日)、TOKYO MXチャンネルにて19:00から放映されます。観られる環境の方はぜひ視聴しましょう。

236 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/20(水) 22:24:02 ID:tvn/Y8S+
勝利者たち、映画館に見に行ったよ。
胸にしみる映画だった。
DVD探したけど、買えなかったんだよね。
やっぱり注文しないとダメかな…

237 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/22(金) 20:51:36 ID:22kaTGXQ
勝利者たち、公開されたことすら知らんかったよ!
しかも今回のDVDも宣伝はいっさいなし?
円谷プロもメーカーも売る気あるのか?
つくづく報われない作品だなぁ。

238 :bikki:2006/12/24(日) 17:02:47 ID:I1FyaHwz
湯原さん、荒木由美子さんの使用済みパンティーをお送りくださりありがとうございまし
た。毎日のようにその芳醇な香りを楽しんでおります。さらに大変図々しいお願いですが、
荒木さんが「燃えろ!アタック」で穿いていた赤いブルマーが現存していましたらばそち
らの方もお送りくださいませんか。ブルマーの残り香を嗅げば同人や「たのみこむ」での
活動になお一層力が入ると思います。そうなれば「燃えろ!アタック」のDVDも現実化
するでしょう。斉藤とも子さんや紀比呂子さんもここを見ていらっしゃったらば、是非
パンティー等を僕に送ってください。それと吉沢京子と林寛子の物は一切不要なので、こ
こを見ても送らないで欲しい。

239 :どこの誰かは知らないけれど:2006/12/29(金) 04:11:36 ID:rdUIjUuu
出雲五郎


60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)